アメリカ建材輸入&施工

アメリカ建材でできること

手作業だから出る味わい深さ

日本の建材は規格化されたものを工場で大量生産し、それを施工する事がほとんどですが、アメリカなど海外の建材には手作業で現場で仕上げていく物が多く、1つとして同じもののないものを創る事ができ、規格化された建材には真似のできない味わい深い空間を演出することができます。

手作業だから出る味わい深さ

お客様のこだわりをカタチに

お客様のこだわりをカタチに

パジェットいわきはお客様との打ち合わせを何度も行ない、イメージの共有ができてから初めて作業に入ります。こうすることでお客様との間に認識のズレが少なくなり、お客様が表現したいものを表現できる体制が整います。

同じものは2度と存在しない

こんなことできないかな??

これいいな!と思ったら

雑誌の切り抜きや他の店舗内装など、お客様が気にいた内装の写真や情報があればお気軽にお持込ください。その内装のポイントを抑え、お客様が思い浮かべるイメージと合わせたご提案を行なわさせていただきます。

これいいな!と思ったら

バジェットいわきは情報量が違います

輸入材料を扱うには本来商社が持っている商材の情報だけが頼りですが、バジェットいわきは海外メーカーと定期的に情報交換している為、常に最新の仕上げをお客様にご提案する事が出来ます。同業他社には真似できない、スピードと提案力を実現しています。

一般的な流れ

一般的な流れ

アメリカの建材輸入する際は日本の商社がもっている情報のみからの選定になる為、お客様に提案できる内容は限られたもののみ。その後本国へ問い合わせ、輸入、商社から施工店への輸送など、さまざまなコストと長い時間を要します。

バジェットいわきの流れ

バジェットいわきの流れ

パジェットいわきはアメリカ建材メーカーと取引があるとともに、自社が施工会社でもありますので輸入から施工まで余計な手間やコストを掛けず、まだ日本には入ってきていない材料での提案が可能です。

アメリカ建材を使ってこんな工事もできます!!

  • アメリカ建材輸入&施工について
  • 吹き付けウレタン断熱工事について
  • 店舗デザイン&施工について
  • エクステリア工事について

お問い合わせはこちら